古代バビロニアで生まれ、ピタゴラスがひろめた数秘学。生まれ持った数字でいろいろなことが読み解ける。毎月の数が教えてくれる影響を綴ります。

2017年3月の数秘

今月の世の中のリズム

世の中に流れる大きな流れを表す数字。数字の象意と過去からの統計をもとに、社会と自然のリズムを予測します。

4

3月になりました。三寒四温で春直前という感じですね。数秘の流れで言うと、今月は、コツコツと枠組みやルールを決めていくような事が多いかもしれません。ここで、何の検証もなく理想論で決めていくと、足場がグラつくので、現実を見て、慎重に進めることが大切です。

今月のあなたのリズム

それぞれの方を取り巻く、その月の流れを表す数字。 数字が教えてくれるあなたのリズムに、うまく乗ってください。あなたのリズムを表す数字の計算の仕方:自分の誕生月と誕生日を一桁になるまで足してください。足し上げた数字が、個人数となります。 例)12月18日 → 1 + 2 + 1 + 8 = 12 → 1 + 2 = 3 この場合、個人数は、「3」となります。 ※生年月日の全てを足し上げるマスターナンバーとは違うのでご注意ください。

今月は、人との接し方をこれまでと変えてみるのはどうでしょう。もちろん、人間関係には全く問題ない、という方には必要ありませんが、多少、意見を押し付けてしまいがちな傾向がある人も多いので、、、
人間関係においてうまくいかないなと思った時は、焦点を相手に置くのではなく、お互いのゴール(目的)を見て、自分の意見を持ち話し合う。相手がこう思うだろうから、といった想像はせずに、ゴールに向かうのに一番だと思う方法をとっていく。

周りの人に好かれるだろうという判断で決断をしないこと。今年は、嫌なことをしていると、結果も良くないものになるので、自分勝手くらいに、自分がいいと思うことに突き進んだ方がいい。結果が駄目であっても、嫌々やったことより、いいと思ってやったことの方が、納得がいくはずです。特に今月は、嫌われないために、みんなの意見を聞こうとすると、ブレブレになります。そもそも、2:6:2の法則にもあるように、みんなに好かれるような状態って難しいのです。だったら、自分に正直に好きなことをやって、賛同してくれる人と楽しくやればいいと思うのです。

自分の居場所を揺るぎないものにするために、よくよく学ぶ月。これを学んでおけば評価されるな、と考えて学ぶのではなく、知りたいことがあったので調べてみる、といった好奇心が大切です。何より、その過程から学ぶことが多いはずです。

今月、結果が出たことから学ぶようにして下さい。いい結果なら、これまで通りのやり方で邁進するべし。悪いと思う結果なら、変化が必要です。悪いと思う部分について、よくよく考え、自分の取り組み方に問題がなかったか、邪な気持ちがなかったか、整理してみて、今後に活かして下さい。ストレスを溜めていると、体調を崩しやすいので、バランスを整える体操や、治療院などに行くこともオススメします。

自分が必要が無いと思うこと、役割、責任範囲については、勇気を持って手放す努力をしてみる。自分しかできない、と思う心が不自由です。よくよく見渡せば、軽々と引き受けてくれる仲間もいるはずです。頭でぐるぐる考え過ぎないで、話してみる、行動してみる、といった動きを加えることで、必要なないことを振り落としていけるような気がします。捨てるというより、必要なものだけで凝縮していく、という感じをイメージして下さい。

既成概念や倫理的なものに縛られがちですが、今年1年は直感の思うままに行動してみて、自分の立ち位置を探ってみるのでもいいと思うのです。何かを始める時、目をつぶって、本当に自分がそれをやりたいのか、即答できなかったら、次へ。いつもいつも側にいることだけが親孝行なのではなく、離れていても活躍していることが親孝行にもなったりするのです。視点を変える時に、自分の直感を信じてみて下さい。

一人の方が楽だったとしても、今月は、色んな人と話す機会を持つのもいいようです。そこで得る話は、自分がバランスを保つために必要なヒントになるような気がします。いつもいつも人と会うのはシンドイ、という場合は、美しいものを見たり聴いたりといったことで刺激を受けるのでもいいかもしれません。

嫌なことはやめる。

今いる場所は、安心できる場所ですか。仕事場、学校、毎日過ごす住まい、家族。そこでの関係性を安定させることが大切です。きれいに整えたり、習慣を作ったり、掃除をしたり、丁寧に会話をしたり。自分がいる場所が安定すれば、来月ジャンプが出来るようになります!

pagetop