stillwater

stillwaterとは
つないでいくこと
works
つれづれ
ワークショップ
これから開催
過去の開催
今月の数秘
今月のトリミング
わたしたちのこと

三菱一号館美術館 「浮世絵 Floating World」展 開催記念講演会「私と浮世絵」

三菱一号館美術館では、6月22日(土)より、「浮世絵 Floating World―珠玉の斎藤コレクション」展を開催します。展覧会開催を記念して、浮世絵コレクターの斎藤文夫氏に、浮世絵との出会いをはじめ、浮世絵を生んだ江戸という都市、江戸の浮世絵職人たちの技、浮世絵が海外に与えた影響、コレクターとしての思い出などについて、盛り沢山に語っていただきます。                     講師:斎藤文夫((社)川崎・砂子の里資料館 館長 )                          

日程: 2013年7月3日(水)19:00~20:30(18:40受付開始)
場所: エムプラス [グランド](千代田区丸の内2-5-2三菱ビル10階)
定員: 150名
参加費: 無料(事前申込)

イベントは終了しました。

三菱一号館美術館
「浮世絵 Floating World―珠玉の斎藤コレクション」展
開催記念講演会 「私と浮世絵」


三菱一号館美術館では、6月22日(土)より、「浮世絵 Floating World―珠玉の斎藤コレクション」展を開催します。川崎・砂子の里資料館館長、斎藤文夫氏による膨大な浮世絵コレクションから、3期に分け約600点の作品を展示、浮世絵の全貌をご紹介します。


展覧会開催を記念して、斎藤文夫氏による講演会を開催します。浮世絵との出会いをはじめ、浮世絵を生んだ江戸という都市、江戸の浮世絵職人たちの技、浮世絵が海外に与えた影響、コレクターとしての思い出などについて、盛り沢山に語っていただきます。


斎藤氏は、東海道の宿場として栄えた川崎宿の復興をめざし、2001年、斎藤氏の浮世絵コレクションを広く一般に公開する、川崎・砂子の里資料館を開館されました。斎藤氏のコレクションは、東海道をはじめとする神奈川・川崎など、斎藤氏の郷土に縁のある浮世絵のほか、世界的に希少な作品を含み、浮世絵の発生期から幕末、明治期以降の版画にいたる幅広い内容を形成しています。2005年米ワシントンD.C.、2006年米メリーランド州ボルチモア市、2012年仏南西部タルン県アルビ市でも浮世絵名品展を開催されています。


<掲載作品画像>
東洲斎写楽《二代目市川門之助の伊達与作》
川崎・砂子の里資料館蔵


<展覧会情報>
浮世絵Floating World-珠玉の斎藤コレクション
会期:2013年6月22日(土)~9月8日(日)
第1期:6月22日(土)~7月15日(月・祝)
第2期:7月17日(水)~8月11日(日)
第3期:8月13日(火)~9月8日(日)
※会期中2回展示替えを行います
場所:三菱一号館美術館
詳細はコチラ→http://mimt.jp/ukiyoe/

開催要項

講師紹介

開催地のご案内

map

エムプラス [グランド] 
所在地: 千代田区丸の内2-5-2三菱ビル10階
URL: Webサイト
最寄駅:

JR東京駅・丸の内南口徒歩2分
JR京葉線 東京駅・10番出口 直結
地下鉄丸ノ内線 東京駅・地下道経由徒歩3分
地下鉄千代田線 二重橋前駅・4番出口徒歩約2分
地下鉄都営三田線 大手町駅・D1出口徒歩約4分
地下鉄東西線 大手町駅・B1出口徒歩約6分

終了レポートは近日公開予定です。

お問い合わせ

ご質問やご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。
stillwater info@stillwaterworks.jp

ワークショップ一覧へ
pagetop