stillwater

stillwaterとは
つないでいくこと
works
つれづれ
ワークショップ
これから開催
過去の開催
今月の数秘
今月のトリミング
わたしたちのこと

読書会「少女は本を読んで大人になる」第3回:竹下景子(女優)

人は本を読んで未知の世界を知る。自我の芽生え、愛するということ、女が仕事をもつこと、社会の不条理….。新しい経験への扉を開く、かつて読んだ本、読みそこなってしまった本、いつかは読みたい本。 少女が大人になる過程で読んでほしい世界・日本の古典的名作を、多彩なゲストと共に読んでいきます。男性も歓迎です。                                        取り上げる本:石牟礼道子『苦海浄土 わが水俣病』(講談社文庫ほか)               第3回ゲスト:竹下景子(女優)

日程: 2013年9月13日(金)19:00-21:00
場所: クラブヒルサイドサロン(ヒルサイドテラスアネックスB棟2F)
定員: 30名
参加費: 一般3,500円 クラブヒルサイド会員/学生2,500円(事前振込)   ※ミニサンドウィッチ、紅茶付

イベントは終了しました。

人は本を読んで未知の世界を知る――新しい経験への扉を開く、かつて読んだ本、読みそこなってしまった本、いつかは読みたい本。少女が大人になる過程で読んでほしい古典的名作を、多彩なゲストと共に読むシリーズの第3回は、石牟礼道子『苦海浄土 わが水俣病』を取り上げます。
公害の原点といわれる水俣病が発見されたのは高度経済成長が始まった1956 年。水俣で生まれ育った石牟礼道子さんは、不知火海に排出された汚染物質が自然や人間を破壊し尽くしてゆく悲劇を、患者さんに寄り添いながら、傑出した文学作品に結晶させました。極限の状況で人間とは何かを深く問いかける、戦後日本文学を代表するこの一冊への思いを、水俣病の問題に長く心を寄せてこられた竹下景子さんに語っていただきます。また、「誰よりも自分自身に語り聞かせる、浄瑠璃のごときもの」として石牟礼さんが書かれた魂の言葉を、阪神淡路大震災以来、被災者とつながる朗読を営々と続けてこられた竹下さんに朗読していただきます。男性も歓迎です。

ワークショップの流れ

開催要項

講師紹介

開催地のご案内

map

クラブヒルサイドサロン(ヒルサイドテラスアネックスB棟2F)
所在地: 東京都渋谷区猿楽町30-2 アネックスB棟2F
TEL: 03-5486-1267
URL: Webサイト

終了レポートは近日公開予定です。

お問い合わせ

ご質問やご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。
stillwater info@stillwaterworks.jp

ワークショップ一覧へ
pagetop