stillwater

stillwaterとは
つないでいくこと
works
つれづれ
ワークショップ
これから開催
過去の開催
今月の数秘
今月のトリミング
わたしたちのこと

ゆずごしょうづくり─「日々、これ食卓」番外編─

生産者の方々を講師に迎えて食材の成り立ちを学び、それらを活かした料理を味わう「日々、これ食卓」の番外編を開催。青柚子と青唐辛子の一番美味しい季節に合わせて、大分生まれの調味料「ゆずごしょう」をつくり、旬が織りなす豊かな香りと味わいを愉しみます。

日程: 2013年9月21日(土) 11:00-13:00
場所: クラブヒルサイドサロン(ヒルサイドテラスアネックスB棟2F)
定員: 30名
参加費: 一般3,500円 クラブヒルサイド会員/学生3,000円(事前振込)  ※つくったゆずごしょう(一瓶・約60グラム)、ゆずごしょうと食材のマリアージュ、大分郷土料理の試食を含む。

ワークショップは終了しました。

ゆずごしょうつくり―発祥の地・大分県から―
セミナー「日々、これ食卓」―畑からうまれるひと皿―〈番外編〉

正直なものづくりに携わる生産者の方々を講師に迎えて食材の成り立ちを学び、それらを活かした料理を味わうプログラム「日々、これ食卓」の番外編として、旬のものを旬の時期に食べるワークショップ、「ゆずごしょうづくり」を開催します。
食べものには、1年のなかでも、たっぷりと栄養があって美味しさを増す「旬」があります。大分県が発祥と言われ、いまではすっかり全国に知れ渡るようになった「ゆずごしょう」にも旬があるのをご存知ですか?大分県では、青柚子と青唐辛子の一番美味しい季節が重なったときに、香り豊かなゆずごしょうをつくるそうですが、その時期は、毎年9月頃のわずか1か月ほど。この時期に、それぞれの家庭に伝わるレシピに基づいて、青柚子、青唐辛子、塩で、ゆずごしょうを仕込みます。
今回は、同県宇佐市で地域に根ざす伝承料理を伝えている「生活工房とうがらし」で、食のコーディネーター・調味料マイスターとして活動している神谷禎恵さんを講師にお迎えして、九州で柚子の生産高トップクラスの宇佐市院内産の青柚子を用いて、自分好みのゆずごしょうづくりを体験します。また、食材との意外な組み合わせのご紹介や、ゆずごしょうを用いた軽食をご用意します。旬が織りなす豊かな香りと味わいをお愉しみください。
*大分では、柚子胡椒のことを「ゆずごしょう」と呼んでいます。

開催要項

講師紹介

開催地のご案内

map

クラブヒルサイドサロン(ヒルサイドテラスアネックスB棟2F)
所在地: 東京都渋谷区猿楽町30-2 アネックスB棟2F
TEL: 03-5486-1267
URL: Webサイト

「日々、これ食卓」番外編 ゆずごしょうつくり―発祥の地・大分県から―

すり鉢から、ゆずと青唐辛子の鮮やかな色と香りが放たれます。

勝ちエビとすりおろした人参の炊き込みご飯でつくったお結びと四井製麺のうどん。  うどんにはゆずごしょうを好みでいれて。

オフィスとうがらし代表で食のコーディネーターの神谷禎恵さん(中央左)を囲んで。

お問い合わせ

ご質問やご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。
stillwater info@stillwaterworks.jp

ワークショップ一覧へ
pagetop