stillwater

stillwaterとは
つないでいくこと
works
つれづれ
ワークショップ
これから開催
過去の開催
今月の数秘
今月のトリミング
わたしたちのこと

少女は本を読んで大人になる Part2 第6回 石山友美(映画監督) 小説と映画からみる「悪女」について 課題図書:松本清張『ゼロの焦点』(新潮文庫)

人は本を読んで未知の世界を知る。自我の芽生え、性への目覚め、愛するということ、女が仕事をもつこと、社会の不条理…。新しい経験への扉を開く、かつて読んだ本、読みそこなってしまった本、いつかは読みたい本。少女が大人になる過程で読んでほしい古典的名作を、多彩なゲストと共に読んでいく人気シリーズ第6回は、映画監督の石山友美さんです。

日程: 2019年4月18日(木) 19:00-21:00 
場所: クラブヒルサイドサロン(ヒルサイドテラスアネックスB棟2F)
定員: 30名(要予約)
参加費: 一般3,500円 クラブヒルサイド会員/学生2,500円 ※おむすび+お茶付き ※一般、学生は事前振込

申し込みはコチラ→ http://hillsideterrace.com/events/6840/

磯崎新アトリエ勤務を経たのち、留学先で映像制作に興味をもち今に至る、映画監督の石山友美さん。近作では、1970年代から現代に至るまでの日本の建築史を振り返るドキュメンタリー映画『だれも知らない建築のはなし』を手がけました。名だたる建築家のインタビューをコラージュしながら映像化したそのスタイルはとても印象に残っています。
そんな石山友美さんが今回の読書会に選んだのは、松本清張の『ゼロの焦点』です。今も読みつがれ、沢山の映画やドラマで映像化されている作家、松本清張。推理に推理を重ね、人の感情の裏の裏を読む。物語を構築する創作過程において、作家の松本清張と、映画監督の石山さんの共通点も見えてきそうです。今回は、松本清張の作品に出てくる「悪女」をテーマに、石山さんがセレクトする昔の映画と絡ませながら、お話いただく予定です。どんな映画が出てくるかはお楽しみに!

開催要項

講師紹介

開催地のご案内

クラブヒルサイドサロン(ヒルサイドテラスアネックスB棟2F)
URL: Webサイト
最寄駅:

東急東横線[代官山駅]下車 徒歩3分
東急東横線・地下鉄日比谷線[中目黒駅]下車 徒歩7分
JR山手線・JR埼京線・地下鉄日比谷線[恵比寿駅]下車 徒歩10分

終了レポートは近日公開予定です。

お問い合わせ

ご質問やご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。
stillwater info@stillwaterworks.jp

ワークショップ一覧へ
pagetop